中国茶に偽物も本物もあるのですか?

お客様から興味深いメールを頂いたのでここで回答させて頂きます。

中国茶に偽物はないかもしれません。
全て中国茶つまりお茶ですので・・・。

原産地を偽ったり名前を偽ったりというのはあります。
今回の中国茶探しで一番強く感じた事です。

1・君山銀針を飲んだことのある方いらっしゃいますか?
2・去年飲んだ事のある方はいらっしゃいますか?
3・当店以外の君山銀針ですか?

1、2、3共に「はい!」だった方は、
偽物という可能性が非常に高いです・・・。

さらに、
茶葉の色は白?緑?濃い黄色?
白・緑の方・・・・・・偽物です。
濃い黄色の方・・・・・本物可能性あり!?


↓真実をお客様の目で確かめて下さい。
君山銀針の見分け方

原産地を偽れば茶葉の名前も変わる

原産地や名前を偽って販売されている方多いです。
中国内・日本においてもです・・・。(悲)

お客様の悲しいお便りです。
都内の某茶館でもったいぶった「君山銀針」を出されて
「客を甘く見ないでほしい」という気持ちで腹が立ちました。
私のような素人知識の者でも沢山飲んだお茶の数だけで、
真っ赤な偽者とわかる緑色したお茶でした。

この茶葉は偽物か?
名前を偽っていないか?
見分けるには、基礎知識をつけないと見分けられません。

今でこそやっと見分けられるようになった私ですが、
以前は、見分ける事も出来ず騙されていました・・・。
苦い経験をし続けています。(^^;)

偽物と本物の違いとは?

中国では、偽物の茶葉も本物と同じような高価な金額で売買されます。
これは、すごく当たり前ですよね。

なぜかわかりますか?

価格で偽物とわかってしまうからです。(悲)
何百円の価値しかない茶葉が10倍で売買されています。
そして、その茶葉だと思って飲んでいた私。

なるほど!○○○○という茶葉はこんな味がするんだぁ!
今日は、こんな素晴らしい○○○○に出会えて良い日だ!

単純すぎた私の考え・・・。

後から「偽物」という事に気付いてしまったのです。
いっそのこと気付かないほうが良かったかも・・・。

いえいえ、
本当に心が痛みましたが、
中国茶を学ぶ者として、
中国茶を販売する人間として、
中国茶の歴史をこよなく愛する日本人として、

立ち上がることを決心しました!
偽物や悪い茶葉をばしばし斬ります!
そして、正しい茶葉の知識を紹介していきます。

まずは、私の愛飲している茶葉からどうぞ!
君山銀針の見分け方写真で本物と偽物を紹介しています。


上記を中国茶メールマガジンで記載させて頂きました。
中国茶の偽物とは、中国茶がある限り存在する問題だと思います。
おいしい茶葉は、本当にたくさんあります。
その価格の価値があるかないかという問題だと思います。

CL学习会视频/Movie  ←茶藝師店長の魂

茶藝師店長voice  ←茶藝師店長の魂を込めて作り上げるページ♪

茶藝師店長おすすめ品  ←中国茶のプロを目指す方へ

中国茶と茶藝師店長  ←中国茶・中国茶器に魅せられた私の事を簡単に紹介させて頂きます!



中国国家公認資格・   大高勇気判子 
高級評茶員高級茶藝師:大高勇気
中国国家公認資格・   大高勇気判子 
高級評茶員高級茶藝師:大高勇気

このページの先頭へ