中国茶の仕入れって難しいですか?

お客様から興味深いメールを頂いたのでここで回答させて頂きます。

中国茶の仕入れ(当店ヴァージョン)は、難しいです。
こだわらなければすごく簡単です。(^^;)
私は妥協がものすごく嫌いです。いえ妥協しない男です。
その為、中国茶の仕入れほど大変な事はありません。

私は仕入れをする際には、銘柄の最低20等級は飲みます。
等級という言葉が聞き慣れないと思いますので、簡単に説明を。

等級と中国茶の秘密の関係

黄金桂という銘柄にも茶葉の等級があります。
この等級は、基準となるものがありません。

基本的に価格で等級が別れています。
良くない茶葉からすごく良い茶葉まであります。
その見極めは色々な角度から見ます。
形・色・香り・味・茶湯・葉底・碗底・・・etc。

等級は、お店の所有茶葉によって違いますので、
多くの会社からサンプルを頂いております。
多い種類ですと、50種類は軽く超えるでしょう。
その50種類をテイスティングするのです。

テイスティングの面白さと難しさ

テイスティングの方法は2種類あります。
1、蓋碗を使用する。
2、テイスティングカップを使用する。

二つとも私は行います。
1日に9種類のお茶しかテイスティングしません。
朝・昼・夜の各3種ずつです。

いかがでしょうか?難しいですか?
中国茶のテイスティングも微妙な差しか無い物もたくさんあります。
その為、全てを細かく書き出さないとダメです。

テイスティングの面白さと難しさ

5月に新店舗がオープンするのですが、
そこがオープンしたら「仕入れセット5種」というのも面白そうですね。
色々と面白く中国茶を学ぶことが出来れば良いな。と思います。


上記を中国茶メールマガジンで記載させて頂きました。
中国茶の仕入れは、簡単なようで大変だと思います。
お客様に素晴らしい中国茶を紹介する事は、私達の義務です。
必ずテイスティングするのも当たり前の事です。(^^)

CL学习会视频/Movie  ←茶藝師店長の魂

茶藝師店長voice  ←茶藝師店長の魂を込めて作り上げるページ♪

茶藝師店長おすすめ品  ←中国茶のプロを目指す方へ

中国茶と茶藝師店長  ←中国茶・中国茶器に魅せられた私の事を簡単に紹介させて頂きます!



中国国家公認資格・   大高勇気判子 
高級評茶員高級茶藝師:大高勇気

このページの先頭へ