中国茶の種類は数えられるのか?

「中国茶」と呼ばれるものは、何種類あると思いますか?

    よ~く考えて下さいね。

    わかりましたか?

    それでは正解いきます!


    はっきりいいますので、心の準備をして下さい。

    正解は・・・
     店長もわかりません。(本当です・・・。)
    正確な数を知っている方は、きっといないです・・・。

中国で中国茶に関する本を数多く読んでいますが、
その本の中でもかつては、何百種類と言われていました。

しかし、現在ではお茶の種類も少しずつ増え、
1000種と言われる方、
3000種と言われる方、
10000種と言われる方、と様々です。

どれが正解で、どれが間違えというのは無いと思います。


簡単な例を言うのであれば、
「中国4000年の歴史」という言葉を聞いた事があると思います。v
しかし、4000年、4000年と言われていますが、
4001年は、来ないんですか?と深く疑問に思います。
中国茶も似たような要素を秘めていて、
始めと終わりがわかりにくいと私自身思います。

中国茶の種類と品質。

これは、完全に私の見解になってしまいますが、
日本で買うことの出来る中国茶って種類が限られていますよね。

「限られた種類だから面白くない。」
「この種類は飲んだことあるから、他の種類を飲みたい。」
上記のように思われているお客様の気持ち痛いぐらいわかります。

しかし、もっと大事な事があるのです。(^^;)
それは、中国茶にも等級があると言うことです。
一つのお茶の種類でも等級があります。
等級が違えば、形・香り・味・後味・・・等が違います。

中国茶の深さがここにあると言っても過言ではないと思います。
形が良い中国茶。
香りが良い中国茶。
味が良い中国茶。
後味が良い中国茶。

様々な中国茶があるのです♪
その分だけ種類も増えるという事ですね。(^^;)

飲んだ中国茶と比べることでレベルを知ることが出来ます。
逆に言えば、比べなくては良さがわからない中国茶。
最低でも3種類は、テイスティングしましょう♪

それが、中国茶の最大の面白さ!


CL学习会视频/Movie  ←茶藝師店長の魂

茶藝師店長voice  ←茶藝師店長の魂を込めて作り上げるページ♪

茶藝師店長おすすめ品  ←中国茶のプロを目指す方へ

中国茶と茶藝師店長  ←中国茶・中国茶器に魅せられた私の事を簡単に紹介させて頂きます!



中国国家公認資格・   大高勇気判子 
高級評茶員高級茶藝師:大高勇気

このページの先頭へ