中国茶は産地から。

中国茶を購入する場合は、
必ず産地を確認してから購入しましょう。
産地の違いは、価格の違いと言えるからです。
産地については、少しずつ勉強しましょう♪

なぜ?産地にこだわるの?

それは、中国茶の名前と関係があるからなのです。
中国茶の大部分の名前は、下記のようになっています。

 「 産地 + 種類 」or
 「 種類 + 産地 」少ないです。

実際にお茶の名前で見ましょう♪

安渓鉄観音 = 産地 + 種類
君山銀針  = 産地 + 種類
獅峰龍井  = 産地 + 種類
信陽毛尖  = 産地 + 種類

その産地で作られたから、
その名前が与えられているのです。
それは、その中国茶にだけ与えられる血統書とも言えます。
必ず産地のチェックをして下さい!

名前=称号

中国茶の名前は、適当に付けられている訳ではありません。
名前は、一つの称号と言うことが出来ると思います。
その環境下で育った中国茶にだけ与えられるのです。

中国茶を購入する場合は、
必ず産地を聞く事をおすすめします。
(私も中国のマーケットでは、必ず聞きます。)

産地を語らずに中国茶は、語れません。


産地とは、簡単に言えば「ブランド」です。
「ブランド」がマーケットで確固たる地位を保てなくなっています。 その理由は、多くの要素を含んでいます。

中国茶と向き合う大切さを感じて頂きたい・・・。


CL学习会视频/Movie  ←茶藝師店長の魂

茶藝師店長voice  ←茶藝師店長の魂を込めて作り上げるページ♪

茶藝師店長おすすめ品  ←中国茶のプロを目指す方へ

中国茶と茶藝師店長  ←中国茶・中国茶器に魅せられた私の事を簡単に紹介させて頂きます!



中国国家公認資格・   大高勇気判子 
高級評茶員高級茶藝師:大高勇気

このページの先頭へ